MBA取得にかかる費用は?

MBAを取得するまでにどれくらいの費用がかかるのか?どれくらいの費用を準備しておけば良いのか? - MBA取得にかかる費用は?

更新情報

MBA

アーカイブ

MBA取得にかかる費用は?

これまで、MBAを取得するには海外に留学することが主流でした。そうなれば、もちろん仕事も休業するか、退職して海外で生活をしながら学ぶことになります。それなりの蓄えがないと出来ないことです。しかし、今ではMBAの取得方法の選択肢が広がり、国内でも取得が出来るようになりました。

MBA取得の基本スタイル

ハードルが高いと言われている海外MBAの留学です。大きなメリットがある分、費用もかかる取得方法です。スクールによって費用の差があり資金計画はとても重要なことになります。海外留学での学費と生活費は約、2000万円から3000万円が必要になります。

お金があっても・・・

jtdyjj
留学の費用は問題なく準備が出来たとしても、海外のスクールに応募するには準備が必要になります。ここにも時間と費用がかかることになります。
必要な項目は5点で、願書(英文を含んだエッセイになります。)推薦状、GMATのスコア、TOEFLのスコア、大学卒で2年以上の実務経験が必要になります。
この準備には、お金だけではどうしようも出来ないことがあり、最低でも1年から2年の期間がかかり、費用もかかってきます。

国内での取得スタイル

海外に留学しないで国内にいてMBAを取得できます。留学の時の現地での生活費が抑えられるメリットがあります。さらに、仕事を続けながら学べるスクールもありますのでリスクが少ないといえます。費用は、平均で200万円から450万円の学費のみになります。留学での費用に比べるとかなり抑えることができます。

難易度はさらに高い

しかし、ハードルは高いことは変わりません。仕事をしながらのMBA取得を選択した場合、仕事と両立できるかがカギになります。費用はかなり抑えられたとしても、仕事の都合など急な変化などで、専念できない状況になる場合もあり期間と費用がさらにかかってしまうことがあります。

国内でのもうひとつの取得スタイル

通信制の取得方法になります。これは、通う必要もなく自宅でいつでも自分の決めた時間で学習が出来る方法になります。費用も一番抑えられて取得が出来る方法になります。約200万円から400万円になります。自宅以外でもどこでも空いた時間などを有効活用することができます。効率のいい方法と言えます。

しかし、簡単ではない

いつでも出来ることが、どうしても後回しになったりして予定していたようにはいかないことが多くなる方法のひとつです。また、自分一人での学習になりますので行き詰まったときなどのに苦労することもあります。スクールではこんな時一緒に学ぶ仲間がいたり講師がいるので、こんな時は相談ができます。この通信制の場合、かなりの計画性が必要です。

どんなスタイルなのか?

自分がどのレベルで、どんな形がいいのかが最初の決めごとになります。留学や国内でのスクール、たまは通信制のうちどの方法が一番ベストなのかを比較検討することが大事です。費用だけを考えて取得を目指しても、その方法が自分の仕事や生活スタイルに合わない場合、さらに費用がかかることになります。費用を安くしようと思っても結果的に同じ事になり、期間も長くかかっているという状況になりかねません。どんな方法が自分のスタイルに合っていて可能かをよく考え検討し、計画をたてることが重要になります。

取得にかかる費用は?

自分次第ということになります。自分をよく知っていないと、さらに費用がかかることにもなりますし、その逆もありえます。自分のキャリアとスキルならば、この方法での取得に挑戦してもよかったなどということも考えれます。MBA取得には自分の仕事、私生活、プライベートも含めてのトータル的でベストな方法と計画性が大事です。

Copyright(C)2016 MBA取得にかかる費用は? All Rights Reserved.